読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まっ★つんの避暇地

本とか映画とかマンガとかの感想を書いたり紹介したりするブログです

Amazonの電子書籍リーダー Kindle を紹介する

モノの紹介

はいどーもー

 

また最近色々あって失敗して1万くらい無駄に失って履修登録も上手くいっていない私です★

 

お金が欲しいのでAmazon製品の紹介でもしようと思う。

 

こういうのは正直に目的を伝えておいた方が好感を持たれる気がするから。

 

電子書籍リーダーとは

昨今読書の新たな形態として電子書籍の流行が騒がれて久しいが、そもそも皆さんは電子書籍について詳しくご存知だろうか。

 

電子書籍とは、スマートフォンタブレット、パソコン、後述する電子書籍リーダー、などのディスプレイで読む本のこと。

 

しかしいまこの記事を読んでいるディスプレイで小説を読む想像をしてみてほしい。まず間違いなく目が痛くなるだろう、とても快適な読書体験とは言えない。

 

そこで登場するのが電子書籍リーダー(電子書籍専用端末)である。

 

その名の通り電子書籍を読むためだけの端末。見た目としてはタブレットに近いが、電子書籍を読む機能しか内蔵されていない。

 

そしてなによりディスプレイである。正直びっくりすると思う。ほぼ紙の本と変わらない見た目。

 

今回はAmazonのストアで購入した本を読むことができるAmazon電子書籍リーダー、Kindleキンドル)を紹介しようと思う。

 

紙の本派だと言って譲らない人も、ぜひ一読して、電子書籍の魅力を知ってほしい。

 

 

Kindleの魅力①目が疲れない

前述したように、Kindleは通常のPCやスマホの液晶ディスプレイとは違ったe-inkというものを採用している。

 

その質感はまるで本物の紙である。

 

f:id:mattunn_geousgor:20160921182610j:plain

 

f:id:mattunn_geousgor:20160921182626j:plain

 

こればっかりは実物を見てもらわなければ100%その良さは伝わらないが、なにせ凄い。

 

その材質もそうだし、なによりKindleは画面が発光していないのが1番のポイントである。

 

結局普段のディスプレイのなにが良くないって、光が目に入ってくることである。

 

その点Kindleは発光していないので、屋外の強い日光などで画面が見にくくなることなどがない。仕組みは実物の本を読むのと変わらない。

 

Kindleの魅力②読書量が増える

次はこれか。おそらく皆さんが電子書籍と言われて思い浮かべる要素が「容量が大きく、数千冊も持ち運びできる」だと思う。

 

文庫本であれば2~3冊も入れると荷物になるところが、Kindleは文庫本より一回り大きいサイズ(160 x 115 x 9.1mm)、重さは160グラム(iPhoneの6~6SPlusのシリーズで130グラム~200グラム)の端末に数千冊。

 

オンラインストレージには無限に保存できるので実質読める数に制限はない。

 

数千冊も読まないのは承知で、重要なのは「一瞬で別の本に切り替えられる」ことにある。

 

読書好きでもよくあるのが

「いまかばんに入っていて読み進めているのはこの本だが、なんとなく今は読む気分じゃない、別ジャンルの作品が今は読みたい」

 

「半分まで読んだが正直あんまり面白くない。別の本に進みたいがせっかく買っただけにもったいない」

というような状況。

 

それをKindleは全て解決する。気になった本、お買い得の本を買って保存しておいて好きな時に読めばいい。飽きれば別の本を読めばいい。それを読み終われば戻ってくればよろしい。

 

そう、Kindleある本と別の本とを移動する間にある壁が著しく低い。だから、読書量が著しく伸びる。

 

半信半疑の方も多いと思われるので参考までに以下の記事をおいておく。

honeshabri.hatenablog.com

 

Kindleの魅力③わずわらしさがなく、スムーズに読書ができる

アホっぽい見出しでしかも前述した内容と被るが、電子書籍での読書はストレスが少ない。

 

読書とはかなり繊細な作業である。精神の落ち着きが求められる。

 

紙の本では、ページをめくる、ページを探す、しおりを挟む、などの面倒な作業が必須の上、ページが破れる、ぐちゃってなってどこまで読んどったかわからんようになる、などの事故とも隣り合わせである。

 

それらは本の世界への集中力を阻害する以外の何物でもない、絶対悪である。

 

もしこれを読んで、「細かいこと気にしすぎやろ!!そんなん意識したこともないわ!!こいつ性格めんどいな~友達になりたくないわ~~~」などとでも思った人がいたら、それが電子書籍と紙の本の差である。

 

私の性格は(多分)関係無い。電子書籍に慣れると、それらが気になるようになる、つまり、それほどまでに電子書籍での読書は快適なのだ。

 

目に優しいのも、運ぶ苦労がないのもそうだし、ワンタッチでページがめくれる、しおりを挟む必要もなくやめたところから再開できる、別の本を読み始めても前の本は続きから読める、気になった表現をストックするのも、なんでもありである。

 

快適な読書ライフを送ってみないか?

 

まとめ(値段とか機種とか)

 

やっつけで書いたので適当さが際立っているのは否定できないが、勢いで書いた分、リアリティを持って魅力を伝えられたのではないかと思う。

 

シリーズはいろいろあるが、オススメは無印Kindleと、その上位機種のKindle Paperwhiteの二つ。

 

上位機種は画面がさらに綺麗だったり、暗いところでも読めるライトが付いていたりする。

 

気になるお値段は

無印が8980円、上位が14280円。

 

 

 

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 

 

 

高いと思うか安いと思うかはあなた次第だが、少なくとも私は値段以上の体験ができている。

 

しょっちゅうセールもやっていて3000円くらい値引いているタイミングもあるのでそのへんを狙ってみてもいいかも。

 

以上!

 

広告を非表示にする